垣内哲也 大塚光二 スラッガー 打率 飛距離

趣味で野球をやっているが、いくら練習しても上達しないで悩んでいませんか?

「バットの芯で上手くボールがミートできず凡打ばかり・・・」
「たとえ、バットの芯に当たっても飛距離が思うように出ない・・・」
「いったいどんな練習をすれば上手く打てるようになるのだろう?」
「また、どんな練習をすれば飛距離が出るようになるのか?」

改善すべき点が理解できていないから、ただ闇雲にトスバッティングや素振りなど
をしているのではないでしょうか。

そのような当たり前の練習を、当たり前にしているようでは
バッティングが上達しません。
打率3割超えの強打者なんて夢のまた夢です。

読者の皆様ご安心ください。
打率は大幅にアップ、そして飛距離もぐんぐんアップする練習法があるのです!!
それが【垣内哲也&大塚光二さん】が教える
【野球 7日間スラッガー養成プロジェクト打率、飛距離がぐんぐんアップする秘訣】です。
 

>>> 今すぐ打率3割超えの強打者になる方法はこちら <<< 
   

ここで、垣内哲也さんと大塚光二さんとはどの様な方々なのか、簡単にプロフィールをご説明します。

【垣内哲也】
和歌山県出身の元プロ野球選手で、西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズに所属。
ポジションは外野手。

1988年、プロ野球界初の分校出身者選手として、西武にドラフト3位で捕手として指名され入団。
高い身体能力と長打力から「清原和博二世」「和製大砲」と呼ばれる。
1996年に左翼手としてレギュラーに定着し年間28本本塁打を記録。

【大塚光二】
高校に入るまで野球未経験という珍しい経歴を持ち、その後東北福祉大学に進学、佐々木主浩らと共にプレー。
「東北福祉大学のキャプテン」を務め、同学年の清原和博からも一目置かれる存在になる。
そして西武ライオンズ黄金期に活躍。
日本シリーズにおいて、1988年は6打数連続安打のシリーズ新記録(当時)樹立。
日本シリーズ通算打率(50打席以上)では歴代1位

2001年限りで引退、現在はテレビ朝日などで解説者・リポーターを務める。
現在、社会人野球チーム「一球幸魂倶楽部(いっきゅうさいたまくらぶ)の監督も務めている。
そのほか、中学校などでの講演活動など、野球の普及・教育活動においても多方面で活躍中


>>> 今すぐ打率3割超えの強打者になる方法はこちら <<<     



「垣内哲也&大塚光二「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト 打率、飛距離がぐんぐんアップする秘訣」について

飛距離も打率もアップする練習法があるんです。
垣内哲也さんと大塚光二さんが教える【野球 7日間スラッガー養成プロジェクトです。

桜井憧子 二重三橋麻美 美脚パーフェクトプログラム伝統山下流森部昌広 スピードアップ3時間睡眠 神岡裕司稲葉葉一 改善プログラム伊藤弘一 いびき撃退法トレーニング 中野ゆり子 不妊小林弘子 育毛プログラム小森正裕 ボトックス注射

Copyright (C) 垣内哲也&大塚光二「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト 打率、飛距離がぐんぐんアップする秘訣 All Rights Reserved.
小野健司の自宅ボイトレ車査定ボイストレーニング藤田茂男の盆栽ダーツ コツ
リンク集1リンク集2リンク集3リンク集4
内臓脂肪とは